殺戮の天使の最終回ネタバレ

作品名 殺戮の天使
作者名 原作:真田まこと
漫画:名束くだん
連載雑誌 月刊コミックジーン
ジャンル分け [推理・ミステリー
[ホラー・サスペンス
[バトル・アクション
販売巻数 12巻
最終回の印象 [面白い]

 

ストーリー

殺人鬼と行動を共にし、閉じ込められたビルから脱出したら主人公は殺人犯に私を殺して欲しいと約束することから始まる物語。

ゼン隊員
原作:真田まことさん、漫画:名束くだんさんによる漫画「殺戮の天使」の最終回について、感想や考察を含めて結末をご紹介します。

カン隊員
ネタバレが苦手な方は注意してくださいね。

殺戮の天使
最終回のあらすじ・結末

ゼン隊員
漫画「殺戮の天使」の最終回のあらすじをネタバレ込みで結末までご覧ください。

 

ビルから脱出した主人公は精神科の施設でリハビリを始めます。

先生は表面上からみえる主人公の事を、施設に来た頃より良くなっていると言っていました。

そして先生から殺人鬼の死刑が決まった事を主人公は聞きます。

 

顔には出さずにそっけなく返事をする主人公ですが、実はずっと殺人鬼の事、殺してもらう約束の事を気にしており、今夜も眠れないと思った瞬間、窓の外から激しい音が聞こえたかと思うと、殺人鬼が現れました。

 

 

主人公は、まだ自分を殺したいか、誓いを守ってくれるのかを尋ねます。

殺人鬼は自分が狙った獲物は逃がさないと笑って答え、主人公に自分と共に来いと言います。

 

そして共に精神科の施設から脱出するというストーリーになっています。

 

ゼン隊員
最終回のネタバレはいかがでしたか?
漫画「殺戮の天使」はこのような結末を迎えました。

ヨミ隊員
ちなみに漫画「殺戮の天使」はBookLive!全巻読むことができます。
文章のみのネタバレで満足できない場合はチェックしてみましょう。

BookLive!

BookLive!の特徴
  • 会員登録、月額料金無料!
  • 無料&最大50%オフの作品多数!
  • Tポイントが貯まる&使える!

会員登録も月額料金も無料で、無料漫画や最大50%オフの作品も豊富なので登録しておいて損はありません。

\簡単登録でクーポンガチャに挑戦/

 

殺戮の天使
最終回の感想・考察

カン隊員
漫画「殺戮の天使」の個人的な感想や考察もご覧ください。

 

出逢いや、繋がりは歪かもしれないけれど、殺してほしいという主人公の願望と主人公を殺すと誓った殺人鬼。

最初は約束だったけど、色んな困難を2人で乗り越えていくうちに芽生えた絆。

 

2人が施設を出た後の事は書いていないので2人がどうなったのかはわかりませんが、主人公は幸せな最後を迎えて最高な状態で殺されるのが本望だと思います。

 

 

一読者としては、2人で幸せに生きて欲しいという想いはありますが、お話としては主人公の望み通りになるのがハッピーエンドなのかなと思います。

 

ゼン隊員
漫画「殺戮の天使」最終回のあらすじや感想・考察をネタバレ込みでご紹介しました。

カン隊員
結末は予想どおりでしたか?
もし漫画「殺戮の天使」を全巻読みたい場合は電子書籍サービスがおすすめです。
配信しているサービスを以下にまとめているのでチェックしてみてください。
BookLive! クーポンガチャで
毎日1巻分が最大50%オフで読める

登録無料/月額無料

ebookjapan 初回ログイン時のクーポンで
すぐに半額で読める(割引上限500円)

登録無料/月額無料

U-NEXT 登録時のポイントで
すぐに1巻分が600円引きで読める

31日間無料(解約可能/違約金なし)

music.jp 登録時のポイントで
すぐに1巻分が600円引きで読める

30日間無料(解約可能/違約金なし)

FOD 登録時のポイント + 8の付く日にゲットできるポイントで
すぐではないが1巻分無料で読める

2週間無料(解約可能/違約金なし)

※上記は2020年10月時点の情報です

 

おすすめの記事