ドロヘドロの最終回ネタバレ

作品名 ドロヘドロ
作者名 林田球
連載雑誌 ゲッサン
ジャンル分け [ファンタジー・SF・異世界]
[コメディ・ギャグ]
[日常・ほのぼの]
販売巻数 23巻
最終回の印象 [面白い]
[素晴らしい]

 

ストーリー

魔法使いの世界と人間の世界を舞台に、魔法使いは人間が住む世界「ホール」にやってきては人間達を魔法の練習台にして人間達を困らせたり、時には悪魔を巻き込んで人間と魔法使いがやったりやり返したりのドタバタ劇を美しく独特の世界観で描いたダークでユニークなファンタジー漫画。

ゼン隊員
林田球さんによる漫画「ドロヘドロ」の最終回について、感想や考察を含めて結末をご紹介します。

カン隊員
ネタバレが苦手な方は注意してくださいね。

ドロヘドロ
最終回のあらすじ・結末

ゼン隊員
漫画「ドロヘドロ」の最終回のあらすじをネタバレ込みで結末までご覧ください。

 

人間の負の感情・ドロやヘドロでできた「ホールくん」と、魔法や偶然が重なって、顔がトカゲの姿になったカイマンによる最終決戦が始まります。

驚きの強さを見せるホールくんに、エリート魔法使い達のパワーを託された謎のトカゲの男カイマンが立ち向かいます。

カイマンは大好物のギョーザにちなんだユニークな魔法を使い、ホール君を追い詰めるのですが・・大親友のニカイドウ(時間を操ることができる超エリート魔法使いの女の子)が犠牲になってしまい絶望します。

 

 

一方、ホールくんの体の中に閉じ込められていたエリート魔法使い達は、それぞれが使える魔法を駆使して、外への脱出を試みます。

四苦八苦しながらも、脱出に成功した一行。

全員で出せる力を振り絞り、ホールくんをあと一歩のところまで追い詰めます。

 

最後はカイマンが、世の中のもの全てを切ることができるストアの包丁でとどめを刺します。

決着後、死んでしまったニカイドウは、悪魔の力を借りて甦り、人間の世界・魔法使いの世界に平和が訪れます。

 

ゼン隊員
最終回のネタバレはいかがでしたか?
漫画「ドロヘドロ」はこのような結末を迎えました。

ヨミ隊員
ちなみに漫画「ドロヘドロ」はまんが王国で全巻読むことができます。
文章のみのネタバレで満足できない場合はチェックしてみましょう。

まんが王国

まんが王国の特徴
  • 会員登録、月額基本料無料!
  • 無料漫画&電子コミックは3000作品以上!
  • 無料作品の一部は会員登録なしでも読める!

会員登録も月額基本料も無料で、試し読みや無料漫画も豊富なので登録しておいて損はありません。

\簡単登録でお得に読む/

※2020年11月に半額クーポンが終了したので、お得額が違う可能性があります
 その代わり毎日最大50%のポイント還元なのでまとめ買いするなら一番お得です

 

ドロヘドロ
最終回の感想・考察

カン隊員
漫画「ドロヘドロ」の個人的な感想や考察もご覧ください。

 

魔法使いは生まれつき、一つの魔法しか使えない性質を持っています。

魔法使いのボスやエリート魔法使い達が、自分達が使える能力をうまく組み合わせて、強敵ホールくんに必死に立ち向かう姿がとても感動的かつコミカルに描かれています。

 

また、ドロヘドロ 内では男女2人がパートナーとして組み、力を補い合う姿がよく見られますが、恋愛感情とも友情とも家族とも違う、深い関係がとてもさわやかで心地良いです。

美しい描写と個性的で愛があるキャラクター達を通して、読んでいる自分も漫画内に引き込まれてしまうようなダークファンタジーの神作品だと思います。

 

ゼン隊員
漫画「ドロヘドロ」最終回のあらすじや感想・考察をネタバレ込みでご紹介しました。

カン隊員
結末は予想どおりでしたか?
もし漫画「ドロヘドロ」を全巻読みたい場合は電子書籍サービスがおすすめです。
配信しているサービスを以下にまとめているのでチェックしてみてください。
まんが王国 登録時の半額クーポンで
すぐに1巻分が半額で読める

登録無料/月額基本料無料

BookLive! クーポンガチャで
毎日1巻分が最大50%オフで読める

登録無料/月額無料

ebookjapan 初回ログイン時のクーポンで
すぐに半額で読める(割引上限500円)

登録無料/月額無料

U-NEXT 登録時のポイントで
すぐに1巻分が600円引きで読める

31日間無料(解約可能/違約金なし)

music.jp 登録時のポイントで
すぐに1巻分が600円引きで読める

30日間無料(解約可能/違約金なし)

FOD 登録時のポイント + 8の付く日にゲットできるポイントで
すぐではないが1巻分無料もしくは最大900ポイント引きで読める

2週間無料(解約可能/違約金なし)

※上記は2020年10月時点の情報です

 

おすすめの記事