封神演義の最終回ネタバレ

作品名 封神演義
作者名 藤崎竜
連載雑誌 週刊少年ジャンプ
ジャンル分け [バトル・アクション]

[歴史・時代]

販売巻数 23巻
最終回の印象 [素晴らしい]

[感動的]

[予想外]

 

ストーリー

古代中国は殷王朝時代、仙人界崑崙山の教主・元始天尊に命じられた『封神計画』を実行せんと人間界に降り立った太公望。人間と仙人、そして妖怪たちの戦いが始まるというストーリー。

ゼン隊員
藤崎竜さんによる漫画「封神演義」の最終回について、感想や考察を含めて結末をご紹介します。

カン隊員
ネタバレが苦手な方は注意してくださいね。

封神演義
最終回のあらすじ・結末

ゼン隊員
漫画「封神演義」の最終回のあらすじをネタバレ込みで結末までご覧ください。

 

女媧との戦いで死んでしまったものと思われていた太公望は、なんと実は生きていました。

 

そして、既に一週間ほど前にここ…人間界・朝歌にも来ていたとのことです。

そのことを武王から聞かされた四不象と武吉は、驚きの声を上げてしまいます。

 

武王によると、太公望は前触れもなく突然朝歌に現れ、好き放題過ごしたかと思うと置き書きを残し、何も言わず去っていたとのことでした。

 

四不象と武吉は太公望を見つけようと急いで朝歌を発ち、後を追います。

二人は人間界で太公望が関わりのあった人や場所を次々と尋ねて回りますが、どこからも太公望の足跡を見つけられません。

 

そして探すことを諦め、仙人界に戻る二人の後姿を見つめるのは、他ならぬ二人が探していた太公望その人でした。

二人をからかうのは面白いと言って昼寝をする太公望の前に、申公豹が現れます。

 

申公豹は太公望が消滅せずにいるのは妲己に守られたのでしょう、と話します。

そして最後に自分と勝負をしませんかと持ち掛けるのですが、無言で見つめる太公望に「ウソですよ」と笑って立ち去るのでした。  

 

太公望は、「さーて…どこへ行こうかの———」と言って一人歩いていきます。

 

そして振り返る太公望をバックに、こう語られました。

 

「史実によるとこの後太公望は現在で言うところの中国山東省にあたる斉の国に封じられ政治を行ったらしい 武王に至ってはこの後2年くらいで死んでしまう そのため王位は武王と邑姜の子成王・誦が継ぎ周公旦が摂政となったらしい ただしこの話(マンガ)の続きが史実と同一とは限らない 導(しるべ)はなくなったのだから」 

 

ゼン隊員
最終回のネタバレはいかがでしたか?
漫画「封神演義」はこのような結末を迎えました。

ヨミ隊員
ちなみに漫画「封神演義」はまんが王国で全巻読むことができます。
文章のみのネタバレで満足できない場合はチェックしてみましょう。

まんが王国

まんが王国の特徴
  • 会員登録、月額基本料無料!
  • 無料漫画&電子コミックは3000作品以上!
  • 無料作品の一部は会員登録なしでも読める!

会員登録も月額基本料も無料で、試し読みや無料漫画も豊富なので登録しておいて損はありません。

\簡単登録でお得に読む/

※2020年11月に半額クーポンが終了したので、お得額が違う可能性があります
 その代わり毎日最大50%のポイント還元なのでまとめ買いするなら一番お得です

 

封神演義
最終回の感想・考察

カン隊員
漫画「封神演義」の個人的な感想や考察もご覧ください。

 

何しろ最終回のひとつ前の回に太公望が全く出てこなかったので、本当に女媧と一緒に消滅してしまったのかも…と不安でした。

 

それだけに最終回で余裕綽々といった様子で登場した太公望を見て、一気に安堵したと同時に「こいつ〜〜心配させやがって〜〜〜!」と心で悪態をつきました。

 

しかし安堵もつかの間、何故か四不象と武吉の前に姿を現そうとしないので「もしや…このまま仙人界の誰にも会わずに去るつもりでは?」と不安に…そして申公豹の態度で確信しました。

 

そのまま太公望が去って終わりなら、普通に寂しく終わったな…と思う程度でしたが、締めの一文が実に強烈に印象に残っています。

 

「この話(マンガ)の続きが史実と同一とは限らない 導(しるべ)はなくなったのだから」 この漫画に序盤から出てくるテーマ、「歴史の道しるべ」…それが最後の最後にこんな風に効いてくるとは!

この一文は伏線回収だけでなく、作者さんからの読者への救済メッセージにもなっている気がします。

 

つまり「太公望はもしかしたらこの後フツーに仙人界に戻って、フツーに四不象たちに会うかもしれないよ。武王も長生きするかもしれないよ。導はなくなったから、どんな想像をしても自由だよ。」

 

そう読者である私たちに、作者の藤崎さんが言ってくれているように感じました。

この一文こそが、私がこの漫画を最終回が印象に残っている漫画として挙げている理由です。

 

ゼン隊員
漫画「封神演義」最終回のあらすじや感想・考察をネタバレ込みでご紹介しました。

カン隊員
結末は予想どおりでしたか?
もし漫画「封神演義」を全巻読みたい場合は電子書籍サービスがおすすめです。
配信しているサービスを以下にまとめているのでチェックしてみてください。
まんが王国 登録時の半額クーポンで
すぐに1巻分が半額で読める

登録無料/月額基本料無料

BookLive! クーポンガチャで
毎日1巻分が最大50%オフで読める

登録無料/月額無料

ebookjapan 初回ログイン時のクーポンで
すぐに半額で読める(割引上限500円)

登録無料/月額無料

U-NEXT 登録時のポイントで
すぐに1巻分無料で読める

31日間無料(解約可能/違約金なし)

music.jp 登録時のポイントで
すぐに1巻分無料で読める

30日間無料(解約可能/違約金なし)

FOD 登録時のポイント + 8の付く日にゲットできるポイントで
すぐではないが2巻分無料で読める

2週間無料(解約可能/違約金なし)

※上記は2020年10月時点の情報です

 

おすすめの記事