漫画「地獄楽」のネタバレ&感想

作品名 地獄楽
作者名 賀来ゆうじ
連載アプリ 少年ジャンプ+

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

SHUEISHA Inc.無料posted with アプリーチ

ゼン隊員
2020年9月28日に公開された少年ジャンプ+で連載中の漫画「地獄楽」
最新話113話を読んだのでネタバレや感想をご紹介します。

カン隊員
ネタバレが苦手な方は注意してくださいね。

漫画「地獄楽」
最新話113話のあらすじネタバレ

ゼン隊員
漫画「地獄楽」最新話113話のあらすじをネタバレ込みで最後までご覧ください。

 

前回、蓮(リエン)は死亡した宗師の復活を目的に本土へ向かっていること、そして蓮を乗せた船は二刻ほどで本土に到達することが桂花(グィファ)から告げられました。

桂花は蓮を本土へ行かせてやりたい・でも止めたいという芽生えた感情に矛盾を感じ、メイにどうするべきかを問います。

 

しかし、蓮の乗る船が出航し時間が差し迫っていることから、杠(ゆずりは)が言葉を遮ります。

桂花は先を急ぐ杠とメイに、天仙が行動を決める時に使う占星術・易(えき)の結果を教えます。

 

蓮が占った後の残骸を見た桂花が告げたのは、「陽の氣の者二人と、陰の氣の者一人以外は”残らない”」

つまり、男二人と女一人しか残れないという結果です。

 

驚愕する杠をよそに、桂花は「易の結果は絶対だ」と言い切りました。

 

場面は変わり、水門前に到着した杠とメイを佐切たちが出迎えます。

しかし、巌鉄斎と亜左兄弟の姿はありません。

 

一刻の猶予もない画眉丸たちは蓮を追うことにしますが、船はほぼ全滅。
残っている船も瓦礫が詰まり、十禾が動かすのには一日かかると言います。

妻の顔が頭をよぎった画眉丸は、諦める気はないと瓦礫を退け始め、佐切やヌルガイも参加していきます。

 

そして、桂花の言葉を思い出しながらメイが動き始め、ついに鬼尸解するのでした。

 

ゼン隊員
漫画「地獄楽」最新話113話のネタバレはこのような内容でした。

ヨミ隊員

ちなみに漫画「地獄楽」最新話113話は少年ジャンプ+

ピッコマ

ピッコマ

Kakao Japan Corp.無料posted with アプリーチ

で配信してます。
文章のみのネタバレで満足できない場合はチェックしてみましょう。

少年ジャンプ+

少年ジャンプ+

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

SHUEISHA Inc.無料posted with アプリーチ

 

漫画「地獄楽」
最新話113話の感想・考察

カン隊員
漫画「地獄楽」最新話113話の個人的な感想や考察もご覧ください。

 

男が二人・女が一人しか残らない、文章的にも”残らない”は”生き残らない”と捉えるのが妥当だと思います。

 

【男】画眉丸、巌鉄斎、士遠、十禾、亜左兄弟
【女】佐切、杠、ヌルガイ、メイ

桂花の言葉とともに描かれていたのは、上記の10名でした。

 

威鈴や清丸はおらず、亜左弔兵衛は死亡した描写がありました。

殊現も死亡したような場面がありましたが、あっさりと負ける人物には見えません。

 

また、メイも鬼尸解の直前に杠から「もう回復できない体」と言われていました。

 

名が不明な者は含まれない・蓮自身を含めたかも不明とあり、どの人物にも生存の余地があります。

桂花が告げた易の結果が、今後の重要なポイントになりそうです。

 

ゼン隊員
漫画「地獄楽」最新話113話のあらすじや感想・考察をネタバレ込みでご紹介しました。

カン隊員
文章のみのネタバレで満足できない場合は、漫画「地獄楽」を配信している漫画アプリ「少年ジャンプ+」でぜひ最新話113話をチェックしてみてください。
少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

SHUEISHA Inc.無料posted with アプリーチ

 

ゼン隊員
漫画「地獄楽」の他の話のネタバレや感想・考察を読みたい場合は、以下よりお探しください。

 

おすすめの記事