ぼくの地球を守っての最終回ネタバレ

作品名 ぼくの地球を守って
作者名 日渡早紀
連載雑誌 花とゆめ
ジャンル分け [ファンタジー・SF・異世界]
[恋愛・ラブコメ]
[学園もの]
販売巻数 花とゆめコミックス:21巻
白泉社文庫:12巻
最終回の印象 [素晴らしい]
[予想外]
[感動的]

 

ストーリー

前世の記憶を持つ男女7人が、地球の日本に生まれそれぞれがその記憶をたぐい寄せながら出会っていきます。
前世の思いをもつ自分と、現世に生きる自分の思いが交差しながら、かつて恋愛感情を持つ男女の気持ちも蘇り、それぞれが不安や悲しみの記憶となって現世の自分に押し寄せていきます。
ほのかな恋心に向き合うモノや、自分の思いが報われない事をしるモノ、自分たちの気持ちを受け入れ、現世の自分自身を力強く生きていくヒューマンでスペクタクルなお話です。

ゼン隊員
日渡早紀さんによる漫画「ぼくの地球を守って」の最終回について、感想や考察を含めて結末をご紹介します。

カン隊員
ネタバレが苦手な方は注意してくださいね。

ぼくの地球を守って
最終回のあらすじ・結末

ゼン隊員
漫画「ぼくの地球を守って」の最終回のあらすじをネタバレ込みで結末までご覧ください。

 

前世は月の基地に住む異星人だったことを思い出した主人公(少女)を含む男女7人が、それぞれの記憶を抱きながら、悲しい月基地での記憶に翻弄されていきます。

7人の中でも一人だけ最年少の少年は、自分だけがみなより年が離れている理由を知り、その経緯が月基地での悲しい出来事として記憶が蘇り少年を苦しめています。

 

月基地に住む男女7人は、かつて母星から遣わされた異星人でした。

やがて月では男女による恋愛が交差し、その中でも愛情をかわす二人の男女もいます。

しかし愛情を交わした彼は、幼少より親の愛情を知らずに育ち、大切な女性の思いを傷つけてしまいます。

やがて月では伝染病がはやり次々と仲間は亡くなっていきました。

 

そんな中、ワクチンが開発されます。

最後に残されたのは愛を交わした男女、ワクチンは二人に打たれます。

しかしワクチンは、その愛する彼女には効かず、彼女も先立ち、ただ一人残されたのは現世で最年少の少年だったのです。

ワクチンを打った開発者は、彼女に思いを寄せていた一人であり、彼女を傷つけた彼が許せず彼だけにワクチンを打って亡くなっていたのです。

 

彼は9年もの月日を、ただ一人仲間と愛する女性の遺体と共に過ごす事となったのです。

地球に転生した少年は、やがて記憶がよみがえり、月での9年と孤独でつらい日々におそわれ、主人公である9歳年上の少女に、月基地にいた頃から思いを寄せながらも傷けつけてしまった思いにも苦しみながら怒りと悲しみと共に過ごしていました。

 

その思いがさらに膨らみ、彼は東京タワーへ一人歩みながら、抑えられない悲しみが、やがてパワーとなって周りの物を破壊しはじます。

気づき始めた家族(両親)や、主人公の少女が少年だと思っていたその男の子への本当の気持ちに気づいた時、かつて月基地の仲間たちとともにその思いを彼に伝えます。

 

少年の苦しみはやがて解放され、すべての苦しみが消えた時、彼は9歳年上の主人公の少女にただ残った愛とともに、愛しい日々を生き始めます。

 

カン隊員
他の視点でも漫画「ぼくの地球を守って」の最終回のあらすじをネタバレ込みで結末まで紹介しているのであわせてご覧ください。
別パターン

ついにキーワードを集めて送信した輪。しかし自動爆破システムは作動しません。

紫苑は発狂してから木蓮が歌う自動立体映像投影装置を作っていたのです。

 

その装置のおかげで基地は植物だらけになっていたのです。

意識を失う輪とそれをキャッチする小椋。

それから10日たち、意識が戻らない輪の為に月基地のメンバーは集まり、脳波を合わせて輪を呼び戻します。

 

目を覚ました輪に亜梨子は告白します。

それから時は流れて輪は12歳。メンバー達のその後の日々が描かれます。

 

今度妹が生まれる、と亜梨子に報告する輪。

デートする時間が減るかも、と寂しがる亜梨子に輪は声をかけます。

「じゃ結婚しよーか今すぐ」と。

私達は色んな話をする・・から始まる亜梨子の感動的なモノローグで長い物語は幕を閉じます。

 

ゼン隊員
最終回のネタバレはいかがでしたか?
漫画「ぼくの地球を守って」はこのような結末を迎えました。

ヨミ隊員
ちなみに漫画「ぼくの地球を守って」はまんが王国で全巻読むことができます。
文章のみのネタバレで満足できない場合はチェックしてみましょう。

まんが王国

まんが王国の特徴
  • 会員登録、月額基本料無料!
  • 無料漫画&電子コミックは3000作品以上!
  • 無料作品の一部は会員登録なしでも読める!

会員登録も月額基本料も無料で、試し読みや無料漫画も豊富なので登録しておいて損はありません。

\簡単登録でお得に読む/

※2020年11月に半額クーポンが終了したので、お得額が違う可能性があります
 その代わり毎日最大50%のポイント還元なのでまとめ買いするなら一番お得です

 

ぼくの地球を守って
最終回の感想・考察

カン隊員
漫画「ぼくの地球を守って」の個人的な感想や考察もご覧ください。

 

最終回、過去の思いに苦しむ少年、9歳もはなれた主人公の女性が、かつて子供だと思いながらも自分も彼(少年)に惹かれている事に気づいていく描写が素敵です。

年の差がありながらも、最後に残った二人の愛が、前世からも繋げていた事に感動します。

 

かつての月基地の仲間たちの、それぞれの悲しみも、現実と折り合いをつけながら前向きに生きていく姿は、現実に生きる事への共感として勇気づけられます。

 

カン隊員
他の視点でも漫画「ぼくの地球を守って」最終回の感想や考察を紹介しているのであわせてご覧ください。
別パターン

最終回までハラハラさせる展開で、とくに紫苑の狂気をどのように鎮めるのか、というのが読者の興味をひいていたと思うのですが、小椋や亜梨子ではなく、紫苑自身の狂気による行動によって自身を鎮める、という展開にしたことに意外性と作者の手腕を感じました。

 

その後のストーリーも誰もが納得し、感動できる結末で読み終えた読後感も最高です。

 

ゼン隊員
漫画「ぼくの地球を守って」最終回のあらすじや感想・考察をネタバレ込みでご紹介しました。

カン隊員
結末は予想どおりでしたか?
もし漫画「ぼくの地球を守って」を全巻読みたい場合は電子書籍サービスがおすすめです。
配信しているサービスを以下にまとめているのでチェックしてみてください。
まんが王国 登録時の半額クーポンで
すぐに1巻分が半額で読める

登録無料/月額基本料無料

BookLive! クーポンガチャで
毎日1巻分が最大50%オフで読める

登録無料/月額無料

ebookjapan 初回ログイン時のクーポンで
すぐに半額で読める(割引上限500円)

登録無料/月額無料

U-NEXT 登録時のポイントで
すぐに1巻分が600円引きで読める

31日間無料(解約可能/違約金なし)

music.jp 登録時のポイントで
すぐに1巻分が600円引きで読める

30日間無料(解約可能/違約金なし)

FOD 登録時のポイント + 8の付く日にゲットできるポイントで
すぐではないが1巻分無料で読める

2週間無料(解約可能/違約金なし)

※上記は2020年9月時点の情報です

 

おすすめの記事